​電力会社は選ぶ時代!

株式会社大環は

電力会社

エバーグリーン・マーケティングの

​正規代理店です

2019年3月29日

イーレックスと東京電力エナジーパートナーが

共同出資でエバーグリーン・マーケティング」

​設立し、同年7月より営業を開始しました。

h1.png
logoEGM_oubun.jpg

電力会社は選ぶ時代!


高圧で電気を受給されている需要家様、電気料金が高いと思いませんか?
地域の電力会社以外より電力を購入することにより電気料金が約2~40%程安くなります。
病院・ホテル・事務所・スーパー・工場等の負荷率の高い需要家様も電気料金値引きの対象となります。

エバーグリーンマーケティング 電力供給の5つの特徴

特長1 豊富なプラン:経済性の追求・環境価値と経済性を両立したメニューなど

お客さまのニーズに沿った豊富なプランをご提案いたします。
省コストを意識した経済性追求プランや、再生可能エネルギーにご関心をお持ちのお客さま向けに、「環境価値」と「経済性」を両立したプランをお届けします。

特長2 付加価値サービスのご提供:省エネルギーや利便性をもたらす付加価値サービスのご提供

脱炭素社会実現に向けて、より一層の省エネルギーが必要となります。

その他お客さまに利便性をお届けするようなサービスも含め、イーレックス・東京電力エナジーパートナーが長年にわたり培ってきた技術やノウハウも活かし、お客さまに付加価値を実感頂けるサービスをご提案します。

※地域の電力会社の蓄熱割引、電化厨房割引等がある場合には電力会社により割引用メーターの取り外しが発生する為、電源の直結等の費用が多少掛ります。

送 配 電 の 仕 組 み

Microsoft Word - 新電力の仕組み.jpg

 送配電については図の通り、託送契約の関係上全て地域の電力会社により行われることになりますので、エバーグリーン・マーケティングとしては発電所の電源を送電線に載せるだけとなっております。

 送電線網に流れる電気は地域の電力会社並びにエバーグリーン・マーケティングの電源が混在する形になりますが、検針メーターによりそれぞれに振り分けられることになります。

 また、送電線網に流れている電気の大半が地域の電力会社の発電した電気となっておりますので、地域の電力会社の計画停電や送電線網並びに発電所にトラブルがない限り電気が止まることはありません

​エバーグリーン・マーケティングの電源構成と関連企業

Microsoft Word - 太陽光-01.jpg

​1.割安になる目安

まず始めに、お客様の受電電圧をご確認ください。

次に、お客様の負荷率をご確認ください。
お値引きの目安として負荷率約60%程度の需要家様までお値引きの対象となります。

負荷率とは?

負荷率 = 年間使用電力量[kWh] ÷ 8,760[h](一年間の時間数) ÷ 契約電力[kW] × 100[%]

で求められます。
 

計算方法
1. 直近12ヶ月分の電気料金の明細書を集めます。
2. 使用電力量[kWh]を12ヶ月分合計します。
3. 2.の計算結果を8,760で割ります。
4. 3.の計算結果をを契約電力([kW]もしくは[kVA])で割ります。
5. 4.の計算結果に100を掛けた値が、負荷率[%]となります。

 

負荷率60%が目安
負荷率が低いほど値引率が大きくなります。
エバーグリーン・マーケティングから電力供給を行うことにより、電気料金がお安くなる可能性があります!
是非お問い合わせください。

​2.お値引きのしくみ

地域の電力会社の電気料金体系


地域の電力会社の電気料金体系は2部料金制となっており、

 ①契約電力(kw)による基本料金(円)
 ②電力使用量(kwh)による電力量料金(円)

で構成されております。
電力の取引は(円/kwh)で取引されており、今現在の(円/kwh)を計算するには、

(①基本料金(円)+②電力量料金(円))÷年間使用電力量(kwh)=(円/kwh)年間の地域の電力会社からの供給平均単価となります。

料金計算の例

●負荷率が低い場合
①基本料金に関する契約電力(kw)に対して②電力量料金に関する電力使用量(kwh)が少ない(負荷率が低い場合)には1(kwh)当たりに基本料金の占める割合が高くなり、(円/kwh)単価が割高になるのでエバーグリーン・マーケティングにより電力供給が行い易くなります。

上図例で見ますと、

(2,000円 + 2,000円) ÷ 200(kWh) = 20(円/kWh)


となります。

●負荷率が高い場合
①基本料金に関する契約電力(kw)に対して②電力量料金に関する電力使用量(kwh)が多い(負荷率が高い場合)には1(kwh)当たりに基本料金の占める割合が低くなり、(円/kwh)単価が割安になるのでエバーグリーン・マーケティングにより電力供給が行い難くなります。

上図例で見ますと、

(2,000円 + 4,000円) ÷ 400(kWh) = 15(円/kWh)


となります。

つまり、負荷率が低い場合、単価の高い電気を購入することになります。
エバーグリーン・マーケティングが、単価の安い電気をご提供することにより、お客様の電気料金引き下げに寄与できる可能性があります!

お値引きのしやすい需要家様は負荷率の低いお客様となります。

負荷率 = 年間使用電力量[kwh] ÷ 8,760[h](一年間の時間数) ÷ 契約電力[kw] × 100[%] で求められます。

負荷率が低ければ低い程お値引きの出来る%が高くなります。

詳しくは下記、もしくはお問い合わせメニュー・Facebookよりどうぞ。
   担当 本田、泉
       TEL:0120-608-118
       TEL:0965-35-2858
       FAX:0965-35-2861
       Eメール:iss-izumi@tkz.bbiq.jp
九州・中国・四国・関西・北陸地区全域に訪問させて頂き、御説明させて頂きます。
お気軽にご連絡いただければと思います。

f_logo_RGB-Hex-Blue_512.png

Facebook